転職を迷っている方の多くは、職を辞める可能性が高い中堅看護職員に当たる介助の場数を踏んでおり(他の看護師は、離職をどんな時期や理由で考え、行動するのか分からない)と想像していたりするのではないかと予想します。
そして、私も職場を変えるべきなのだろうか…と考え始めていると予測します。

現在の勤め口で経験を積み重ねると、この人は後輩を育成できると考えられる傾向が高く、チームのトップの役務を委ねられます。

すると最終的には、新米への手助けにとどまらず、ユニットとして上手くケアの仕組みなどを作らないとなりません。

そういった慣習が徐々に重荷となって、他の職場への転職について思い悩み始めるというのが動機となるようです。
頼られるリーダーにレベルアップすることで、頃合いを図って新たな就職先で働くことにより、役職者としてのワークスタイルや、管理の仕方等に関してさらに学べる勤務先などもあるに違いありません。

新しい勤め先において、うまくチーム全体を管理する事を学べれば自信につながりますね。

↓日本最大級の医療機関情報を掲載。あなたの希望する職場が見つかる!